パソコンのデータ消去に関する今さら聞けない基礎知識を簡単に解説

 

誤ってパソコンで作成したデータを消してしまった経験はありませんか?

数時間かけて作ったデータを誤って消してしまうと、今までの苦労が水の泡になってしまいます。そこで、「パソコン データ削除 復元」などで検索してみると、いくつかの復元方法が紹介されているWebサイトがでてきます。

それを見て、データを復元された方もいるのではないでしょうか。

ここで疑問に思うことはありませんか?

データを削除して、ごみ箱も空にしたのになぜデータは復元できたのか?

これだとデータ消去とは言えないのでは?

今回は、今さら人には聞けないデータ消去の基礎知識について解説します。データ消去についての仕組みを簡潔にわかりやすく説明するとともに、データ消去証明書など、データ消去の最新情報を紹介します。

 

データが保存される仕組み

以前、本コラムの「パソコンのデータ消去を行う業者の探し方・選び方」でも簡単に触れましたが、データが保存される仕組みをおさらいしましょう。

データには「データの管理情報」と「データ本体」があり、データがハードディスクに保存される場合、この2つの情報が保存されます。この2つの情報はリンクしているため、「データの管理情報」から「データ本体」が呼び出されて、データがモニタ上に表示されます。

 

データが消去される仕組み

次は、データを消去した場合にどうなるかを説明します。

消去するデータをゴミ箱に入れて、「ゴミ箱を空にする」を選択すると、先ほどの「データの管理情報」と「データ本体」が完全に消去されるのではなく、「データの管理情報」だけが消去されます。

「データの管理情報」を消去すると、OSからはそのデータにアクセスすることができなくなるため、OSはそのデータはなくなったものと認識し、「データ本体」も“空き容量扱い”になります。

別の新しいデータが保存される際は、空き容量扱い「データ本体」に上書きされるという仕組みです。

つまり、ごみ箱を空にしても、「データ本体」はまだハードディスクに残っているのです。

 

データを復元する方法

前述のとおり、「データ本体」はハードディスクに残っているため、専用のソフトを使うことで、データを復旧するすることが可能ですし、そうしたサービスを提供している業者もあります。「データの管理情報」だけが消去された状態なので、専用のソフトを使えばデータ復旧は可能なのです。

 

データ消去に関連する問題点

ハードディスクにデータを保存・消去する仕組みが前述のものであるため、注意しなければならないことがあります。それはパソコンの廃棄時のハードディスクの処理です。

特に企業で使用しているパソコンには、企業の機密情報や個人情報が含まれているケースがあり、パソコン廃棄の際にデータを完全に消去しないと悪用されることもあります。

パソコンの廃棄後、紛失後、盗難後などに、データが悪用された例は決して少なくありません。

 

パソコンを廃棄する際のデータ消去方法

こちらも本コラムの「パソコンのデータ消去を行う業者の探し方・選び方」で触れましたが、パソコン廃棄の際のデータ消去の方法はいくつかあります。

大きく分けると以下の方法となります。

  • データ消去ソフトによる消去
  • 物理的な破壊
  • 強力な磁気による消去

これらの方法は自分で行うこともできますが、専門の業者に依頼する方法もありますので、パソコン廃棄の際は、そうした専門業者を活用することも選択肢にいれておくといいでしょう。

 

データ消去証明書の登場

業者に依頼すると言っても、依頼したことだけでは安心できない状況もあります。

パソコンを廃棄する業者の外注先の従業員が、パソコンの廃棄時にハードディスクのデータを完全消去せずに、ハードディスクをインターネットオークションで転売していたという悪質な事件なども発生し、データが完全に消去されたかを確認する必要がでてきました。

そこで登場したのがデータ消去証明書です。

データ消去証明書とは、データ適正消去実行証明協議会(ADEC)が第三者として、適正な消去を行ったかどうかを証明するエビデンスです。業者にはこうした第三者機関からのデータ消去証明書発行までを行うところもありますので、パソコン廃棄の際には、こうした証明書を発行してもらいデータ消去を保証してもらうことも可能だと言うことは覚えておいてください。

詳細は、本コラム「データ消去証明書って何?~「データ適正消去実行証明書」ができた背景から仕組みを解説~」に記載していますので、お時間があれば読んでみてください。

 

まとめ

ゴミ箱を空にしただけでは、データは復元可能な状態にあります。その大前提を理解して、所有するパソコンのデータを消去する際は、確実な方法でデータ消去することを心がけましょう。情報漏えい事件が後を絶たない今、第三者が保証してくれるデータ消去証明書の発行なども可能ですので、パソコン廃棄の際などには、活用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

あわせて読みたい

お見積・評価版






製品・コラム










フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ・TRUST DELETE prime
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.10.16
パソコンのデータ消去に関する今さら聞けない基礎知識を簡単に解説
  誤ってパソコンで作成したデータを消してしまった経験はありませんか? 数時間かけて作ったデータを誤って消してしまうと、今までの苦労が水の泡になってしまいます。そこで、「パソコン データ削除......
2020.10.10
5Gでは何ができる?実用化されると日本がどう変わるか?
2020年3月から都市部を中心とした一部エリアで「5G」のサービス開始が実現しました。今後、5Gによる様々なビジネスが生まれ、5Gはそう遠くない未来に私たちの生活に浸透していくことでしょう。本記事では......
2020.10.02
総務省のテレワークセキュリティガイドラインの解説~テレワークで実施するべき5つのセキュリティ対策~
コロナ禍をきっかけに、世界中で大きな転換が始まりました。なかでも、ビジネスにおいて、テレワークは一時的な手段ではなく一般的な働き方として、すでに多くの企業で定着しています。 テレワークを導入した企業は......
2020.08.29
在宅勤務を快適にする5つのポイント~本格的な在宅勤務時代を迎えて~
―――在宅勤務を経験したワンビ社員のひとり言――― 夏季休暇が終わって本格的な在宅勤務! 緊急事態宣言後、ワンビではすっかり在宅勤務が定着しました。現在では特にオフィスに出向く必要が無ければ、基本的に......
2020.08.08
情報漏えいニュースの考察~盗難によるインシデント編~
一度のインシデントで会社の信用を落としてしまう「情報漏えい」は後を絶ちません。 NPO日本ネットワークセキュリティ協会が2019年に発表した「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書......