パソコンのデータ消去を行う業者の探し方・選び方

パソコンを廃棄する場合、「データを消去して廃棄する」と考えるのが一般的です。しかし、正しい手順で消去をおこなっているでしょうか。データ消去をしたつもりでもデータ復旧が可能なことがあります。

もし、このような状態のパソコンが廃棄する過程で転売されたら、データが復旧されて個人情報が漏えいしてしまうという恐れがあります。このようなトラブルを回避するためには業者に依頼すると安心です。ただ、無条件で業者を信用することができないという方もいると思います。

そうした方のために、本記事では、安全に消去する業者の選び方や探し方について紹介します。

 

データが削除してもデータが消えない理由

パソコンのゴミ箱を空にしても、なぜパソコン内のデータが消えないのでしょうか。その仕組みについて簡単に解説をしていきましょう。

 

データが保存される仕組み

まず、データがどのようにして保存されるのかを説明をしましょう。データには「データの管理情報」と「データ本体」があります。この2つの情報がリンクしているため、データを読み込みが可能となります。

私たちがモニタを通してみているのは、「データの管理情報」となります。ファイルを削除すると、「データの管理情報」が削除され、データが閲覧できない状態となります。

これが、私たちが行なっているファイルの削除です。データを削除しても「データの管理情報」が削除されているだけで、データ本体は残っているため、再び管理情報を作ればデータにアクセスができてしまうのです。

 

データ復元ソフトで消したデータも復活

データ本体がパソコン内に残っていると、いつでも復元させることが可能です。データを復元させる時に使われるソフトがデータ復元ソフトです。データ復元ソフトは目に見えないデータ本体を見つけ、最終的にデータを復旧させます。

 

データを完全に消すためには

データ復元ソフトによってデータを復活できないようにするためには、データの管理情報とデータ本体のリンクを完全に断ち切ることが必要になります。専用のソフトでデータ本体を消去する方法もあれば、物理的にデータをアクセスできなくする方法もあります。

「データ本体」と「データ管理情報」の双方を消去して初めてデータ消去が成立すると認識しておきましょう。

 

データを完全に消すための仕組みをわかりやすく解説

データを完全に消去する場合、業者に依頼する方法があります。

このような業者に依頼をすれば、データが復元できない状態にしてもらうことが可能です。業者は以下の方法でデータ消去作業を行います。

 

データ消去ソフトによる消去

データ消去の方法として、ソフトウェアを使用して消去する方法があります。業者の所有しているデータ消去ソフトは、完全な消去が可能なものが多く、そうしたソフトそのものについてはデータ復元の危険性はありません。

 

物理的な破壊

データが入っているHDDが起動しないように、パソコンから取り出しハンマーなどで叩き割る方法です。アナログな方法ですが、物理的に破壊するため、復元ができません。

 

強力な磁気による消去

HDD内部に強力な磁気をあてることでデータを破壊することが可能です。記憶演算子という装置が破壊されれば、HDDの読み取りができなくなるので、確実にデータ消去をおこなうことが可能となります。

 

パソコンデータ消去をおこなう業者の探し方・選び方

業者に依頼をすれば、安全な形で消去してもらうことが可能です。しかし、一部の業者ではいい加減な作業を行いデータが完全に消去されず、情報漏えいが発生してしまう恐れがあります。業者選定の際は、次のポイントに注意をして依頼をするように心がけましょう。

 

ポイント1 サービス詳細の把握

消去方法は様々です。データ消去だけを単体でお願いするのか、それともHDDのデータ消去とパソコン本体の回収・廃棄までお願いするのか、内容によって利用するサービスなども異なります。まずは何を依頼するのか明確に決めましょう。

依頼する内容が決定したら、業者選定を行います。この時サービスの詳細内容を確認してください。

  • データ消去の方法
  • 破壊方法
  • 利用するソフトウェア
  • 料金
  • 利用者の口コミ

これらの情報を総合的に判断して、信頼できる業者を選ぶように心がけましょう。なかにはデータの消去方法や使用するソフトウェアなどがあいまいなケースもあり、そうした業者は注意が必要です。選定の際は、1社で決めてしまうのではなく、複数の業者で比較をして最も良い業者を選定するように心がけましょう。

 

ポイント2 こんな業者は要注意

データ消去を完全に行わない業者も存在しています。このような業者に依頼をすると、データの情報漏えいが発生してしまう恐れがあるので注意が必要です。業者によっては依頼後、データが実際に消去され復元不可能になっているかどうかを確認できない場合もあります。次のような業者には注意するようにしましょう

  • 消去方法が不明確
  • フリーソフトなどを使用して消去している
  • 何のソフト(機器)で消去・破壊するのか明確にしない

作業内容を利用者に情報提供していない業者は、いい加減な作業をしている可能性があります。もし依頼しようとしている業者が、これらの項目に該当しているのであれば、依頼することを避けるべきです。依頼すべき業者のポイントは、以下の通りです。

  • 消去方法をはっきりと提示している
  • データ破壊のプロセスを説明する

どのようにしてデータを破壊しているのか、明確な業者だけに依頼するようにしてください。

 

ポイント3 最も信頼できるデータ消去証明書の発行

業者の選び方に注意をしても、どの業者を選べばよいかわからない時は、第三者機関のデータ消去証明書をその業者が発行してくれるかどうかを確認するようにしましょう。

データ消去証明書とは、データ適正消去実行証明協議会(ADEC)が第三者として、適正な消去を行ったかどうかを証明するエビデンスです。業者にはデータ消去証明書発行までを行う業者もありますので、このような証明書を発行する業者を選ぶことも一つの方法です。

 

まとめ

企業の所有するパソコンやHDDを消去する際は、信頼できる業者に依頼するように心がけましょう。依頼する業者の中には、安全な方法で行っていない業者もあるので、今回紹介したポイントに注意して依頼するように心がけてください。

 

 

あわせて読みたい

お見積・無料お試し








製品・コラム










フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ・TRUST DELETE prime
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.08.08
情報漏えいニュースの考察~盗難によるインシデント編~
一度のインシデントで会社の信用を落としてしまう「情報漏えい」は後を絶ちません。 NPO日本ネットワークセキュリティ協会が2019年に発表した「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書......
2020.07.31
情報漏えいニュースの考察~不正な情報持ち出しによるインシデント編~
NPO日本ネットワークセキュリティ協会が2019年に発表した「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」を見ると、さまざまな要因で情報が漏えいしていることがわかります。 「紛失・置き......
2020.07.20
情報漏えいニュースの考察~不正アクセスによるインシデント編~
多くの企業がデジタルサービスを導入し、また、ユーザーが快適にサービスを利用できる一方で、顧客の機密情報が外部に漏れてしまう情報漏えいが後を絶ちません。 NPO日本ネットワークセキュリティ協会が2019......
2020.07.04
LCMサービス(IT運用管理)の導入~サービス概要から選び方までを解説~
LCMサービスと呼ばれるIT運用管理サービスをご存知ですか? もともとは大企業向けに提供されていたサービスですが、中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進み、大企業以外の様々な企業でも......
2020.06.21
GIGAスクール構想~コロナ禍でのその後~
以前、本コラムで「GIGAスクール構想で本当に目指すべきこと。問われる教育現場の意識改革!」を紹介しました。 GAGAスクール構想は、文部科学省が発表したもので、令和5年までの間に「児童生徒1人1台コ......