• ホーム    >
  • コラム    >
  • セキュリティ    >
  • パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~

パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~

エンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました

2020年も残すところあと少し。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年は世の中にコロナウイルスが蔓延し、様々な人の活動やイベントが中止され、働き方まで変わり、大きな変化が訪れた年になりました。

最近、ワンビではエンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました。

初めてワンビについて知って頂くお客様向けに、会社紹介と製品のポートフォリオがすぐにご理解頂ける内容になっています。

ご興味がある方は、是非こちらからカタログをダウンロードしてください。

 

┏━━━◆
ワンビ株式会社 総合カタログはこちらから
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回のコラムでは「ワンビ総合カタログ」の内容について簡単にご説明したいと思います。

 

ワンビはどのような会社なのか

「開発」「販売」「保守」を全て自社で提供

ワンビは、昨今増加しているテレワークや在宅勤務を安心して実施して頂くために、パソコンに保管される重要なデータの情報漏えい対策ソフトウェアを提供しています。

IT業界のセキュリティの中でも、エンドポイントセキュリティ分野の情報漏えい対策製品を提供するメーカーとして位置づけられます。

弊社は、世の中に存在する数多くのITメーカーを考えると、まだまだ知名度が高いとは言えません。

総合カタログでは、初めて弊社を知っていただく方が多いことを想定し、表紙に企業イメージを記載しました。

一番お伝えしたいことは、弊社は、「開発」「販売」「保守」を全て自社で提供しているということです。

アウトソーシングが主流になってきているIT業界で、全てを自社提供することはかなり特異です。

ホームページ更新など部分的に外部に依頼していることもありますが、コアとなる「開発」「販売」「保守」は自社内で完結しています。

 

大きな組織ではなく小さな組織のメリットを活かす

組織が何層にも構造化されている大企業と異なり、様々なことが素早く対応されます。

例えば、お客様からの問い合わせに対しても、ログ調査など問題解決は弊社の社員が対応します。

大企業の場合、「受付→レベル1サポート→レベル2サポート→レベル3サポート→開発元」など…、問題が複雑化すれば多くのエスカレーションが行われますが、弊社は自社製品を基本的に自社内で完結する体制があります。

メーカー自身が1番詳しく調査も早いので、結果的にお客様の回答に対する満足度も上がります。

 

「情報漏えい対策」、「不正持ち出し対策」、「廃棄・リユース対策」と3つのカテゴリが存在

弊社が提供するエンドポイントの情報漏えい対策製品をご紹介する前に、3つのカテゴリをご紹介します。

それぞれ以下のような特徴があります。

 

「情報漏えい対策」

万が一パソコンの紛失・盗難が発生した場合に、パソコンをロックまたは消去してお客様の大事なデータの情報漏えいの可能性を最小限にする製品です。

 

「不正持ち出し対策」

パソコンを特定のエリアから持ち出した場合に、パソコンをロックしたりアラームを鳴らして、不正持ち出しを防ぐ製品です。

 

「廃棄・リユース対策」

パソコンが古くなってリース返却したり、廃棄したりする場合に、パソコン内のデータが情報漏えいしないように、データを消去する製品です。

 

製品紹介

3つのカテゴリをご認識頂いた上で、簡単な製品紹介となります。

 

オールインワンソリューションの「TRSUT DELETE prime」 (情報漏えい対策・不正持ち出し対策)

「TRSUT DELETE prime」は、ワンビが提供する主力製品となります。

“情報漏えい”、“不正持ち出し”の両方を対策されたい場合は、「TRSUT DELETE prime」がおすすめです。

Windows10に対応し、パソコンのメーカーに限定されずご利用が可能です。

ロック・消去を遠隔命令でも、自律動作機能によるオフラインでも命令を実行することができます。

自動消去機能を利用すれば、TRUST DELETEのサーバーと認証通信が途切れた後、お客様の指定した時間の経過後に自動的にロックや消去をすることができます。

悪意ある第三者にパソコンが盗まれた場合、インターネットに接続しないと、タイマーロック、タイマー消去が発動して自動的に消去が進むとと考えて頂ければわかりやすいかと思います。

命令方法も管理者・利用者・ワンビコールセンターと3つの方法がありますので、お客様の運用によって柔軟に選択または併用することができます。

製品選びに迷われたら「TRSUT DELETE prime」です。

 

特定PCメーカーと連携した製品 (情報漏えい対策)

もし、お持ちのパソコンが特定PCメーカーの機種であれば、ハードウェアメーカーの強みを活かした機能やサービスがご利用できます。

「TRUST DELETE Biz パナソニック版」では、WWANモデルのレッツノートであれば、インターネット回線に加えて、LTE回線でもSMSによる命令を受信することができます。

パソコンの電源がOFFの状態でも、強制的にパソコンの電源をONにして、遠隔命令で位置情報を確認したり、パソコンの操作をロックしたり、データを消去することができます。

「TRUST DELETE for VAIO PC」でも、インターネット回線に加えてLTE回線によるSMSによる命令が可能です。

データの消去方式にVAIO Secure Wipeというハードウェアメーカーで実装した消去方式を提供しております。

「TRUST DELETE Biz for FUJITSU」では、事前にTRUST DELETEの動作確認ができている型番を公開しており、導入前から安心してご利用可能です。

 

個人、小規模向けの簡単情報漏えい対策「ワンビ リモートワイプ」 (情報漏えい対策)

「ワンビ リモートワイプ」はパソコンをリモートから遠隔ロック・消去が可能です。

既にご紹介した「TRSUT DELETE prime」から不正持ち出し対策による自律動作機能やオフライン機能を除いて提供しています。

遠隔命令によるロックと消去に絞っているため、シンプルで分かりやすい製品です。

本製品はオンライン販売で提供、お申し込み後すぐにご利用頂けます。

お申し込み後は最大60日間の無料期間がございます。ご興味がありましたら、まずはダウンロードして試してみてください。

 

┏━━━◆
ワンビリモートワイプ無償ダウンロードはこちらから
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

安心のパソコンのリユースと廃棄を実現 「OneBeWipe」 (廃棄・リユース対策)

パソコンのリユース返却や廃棄時、みなさまデータ消去はどのように対応していますか?

一般的には自社でデータ消去をしたり、データ消去事業者に依頼して消去したりしていると思います。

でも、それは本当に安心できる適正なデータ消去が完了しているでしょうか?

自社でデータ消去しても、データ消去事業者に消去の依頼をしても、実際には情報漏えいしてしまった事件が幾つもあります。

普段から情報漏えい対策していても、最終的なパソコンのリユース返却や廃棄時まで、情報漏えいする可能性を考慮しなければなりません。

「OneBeWipe」はデータ消去専用ソフトウェアとなりますが、ADEC(データ適正消去実行証明協議会)の消去技術認証を取得しており、パソコンのリユース返却や廃棄時に、データ適正消去実行証明書を第三者機関から発行することが可能です。

 

まとめ

今回のコラムでは会社紹介と各製品についてご紹介しました

また、ワンビではオンラインセミナーによるセミナーを不定期に開催しております

ご興味のある方は、是非オンラインセミナーにもご参加ください。ワンビ社員に直接質問できる時間も提供しています。

今後は、各製品の詳細についてコラムでも紹介して行きたいと考えております。楽しみにしていてください

全体でご不明点ご質問がある場合には お問い合わせフォームかワンビ太郎(ワンビのチャットボット)からお問い合わせください。

 

┏━━━◆
ワンビオンラインセミナーはこちらから
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

あわせて読みたい

お見積・評価版






製品・コラム










データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)
データ消去証明書に対応したエンドポイントセキュリティ​ TRUST DELETE prime+
フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE Biz+
24時間365日コールセンターからリモートワイプ TRUST DELETE Bizパナソニック版 Plus
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
利便性とセキュリティの両立
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
確実にストレージのデバイス消去を実行して安心を​ OneBe Storage LCM
PC廃棄・リユース時の情報漏えい対策に最適​ OneBe Wipe
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe UNO
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2021.03.13
AIの実用化、現在と未来
60年以上前から誕生していたAIですが、現在では第3次AIブームと呼ばれ、ここ最近ようやくAI技術の実用化が実現してきました。本記事では、様々なビジネスで活用されている「AI」の導入事例と、今後AIが......
2021.01.23
令和2年個人情報保護法改正の知っておくべきポイント~データの利用とペナルティ~
令和2年6月5日、第201回国会において「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、2022年までに施行される予定です。個人情報に対する意識の高まりと合わせて、デジタルデータの流通が......
2020.12.18
コロナ禍で注目されるDXによるD2C(Direct to Consumer)とは
みなさんは、D2C(Direct to Consumer)という言葉をご存じでしょうか。最近、D2Cというビジネスモデルがコロナ禍で注目を集めています。一体どんなビジネスモデルなのでしょうか。今回はD......
2020.12.05
パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~
エンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました 2020年も残すところあと少し。みなさまいかがお過ごしでしょうか? 今年は世の中にコロナウイルスが蔓延し、様々な人の活動やイベントが中......
2020.11.20
今、“オムニチャネル”が再び脚光を浴びている理由
コロナ禍により、ビジネスのあり方が大きく変化しました。DX(デジタルトランスフォーメーション)によるデジタルシフトへの重要性が認識される中、10数年前に登場したオムニチャネルも脚光を浴びています。 何......