COMPUTEX TAIPEI 2018 – ワンビ株式会社出展レポート 2/4 –

リユース業務ツール提供のウルトラエックス様のご紹介

今回の「COMPUTEX TAIPEI 2018」や、5月に行われた「情報セキュリティEXPO」、昨年11月に行われた「教育ITソリューションEXPO」など、ワンビは株式会社ウルトラエックス様と共同出展させていただくことが多く、ワンビの製品にもウルトラエックス様の技術が組み込まれています。

展示会以外にも、台湾では一緒にお食事に行かせていただいたりしました。今回は、株式会社ウルトラエックスさんをご紹介します。

ウルトラエックスさんは、2000年8月に設立されました。東京都千代田区岩本町に本社があります。

ウルトラエックスさんが提供しているソリューションを紹介します。

データ消去

第三者機関(REITA)認定の消去方式をはじめとした安定性の消去方式が特徴であり、データの復元が困難な状態にするPCデータ消去ツール「Frash Erace」のほか、ワンクリックでかんたんに消去が出来るツール、サーバ向け・モバイル向け・USBメモリやSD向けの消去、ファイル単体の消去ツールがあります。

https://www.uxd.co.jp/products/erase/tools/index.html 

 

診断

パソコン初心者さんでも簡単に動作をチェックできるツールや、COMPTEXに展示されたPCの負荷テストツール、メモリ専用診断ツール、簡単にPCのハードウエアを診断できるサポート業務向けツールやBIOSに埋め込み型でハードウエアを直接診断できるツールがあります。ハードウエア診断ツールはウルトラエックスさん独自開発のOSを使用しています。

https://www.uxd.co.jp/products/diag/tools/

 

モバイルデータ消去・検査

スマホや携帯電話のリユースの際に必要なデータ消去・診断ツール、スマホの買取時の査定やリユースの際に安心して使用するため、液晶画面やカメラなど、27種類以上の検査項目を簡単に行いことが出来るツール、iPhoneのバッテリー劣化状態を判断できるツール、電話帳データを簡単に移行できるツールを提供しています。

https://www.uxd.co.jp/products/mobile/tools/index.htm

 

サポート

専用USBを差すだけで簡単にバックアップを作成・復元することが出来るツール、タブレットのタスクバーを隠さず利用でき、より使いやすくするソフトウェアキーボードやWindouws8以降のPCに’Windows7風’のスタートメニューにすることで使いやすくするツール、そして、PCスマホを利用する方にとっておおきな悩みであるブルーライト。その悩みを解決するツール(https://www.uxd.co.jp/products/support/tools/index.html)を提供していて、中古PCを販売している企業様や、リユース業者様など様々なお客様ににご利用いただいています。

 

また、ウルトラエックスさんのWebサイトで、ウルトラエックスコミックが掲載されています。

作者さんが実際にウルトラエックスさんに訪問しインタビューや目にしたものを漫画にしているのですが、とてもユニークで面白いコミックになっています。私は、展示会でウルトラエックス社の社長や営業部の方とご一緒する機会が多かったのですが、漫画を読んで違った一面を見ることができました。

UXコミック:https://www.uxd.co.jp/employment/comic.html

 

とても簡単なご紹介になってしまいましたが、ウルトラエックスさんが提供するソリューションは、PCのリユース業務にはかかせないものになっています。是非、HPやFacebookなどご覧になってみてください。

 

株式会社ウルトラエックスWebサイト:https://www.uxd.co.jp/index.html

 

IT×日本伝統文化in台湾

COMPUTEXでは、データ消去ツールをはじめ、下記の写真のようにPCに負荷をかけて強度を測るツールが展示されておりされておりました。システム全体に高い負荷をかけることにより、安定性を検証することができます。

 

 

そして、今回の展示会では、ITと日本の伝統文化の融合ということで、蒔絵のiphoneケースと九谷焼のUSBメモリの展示も行われていました。

漆塗りの上に、金粉や銀粉を蒔いたり、金や銀で絵模様を描いたりするものを蒔絵といいます。

下地の面より蒔絵をした面が盛り上がっているのが特徴でとても触り心地が良いです。1つ1つ職人さんの手作りなので、完成するまでにとても時間がかかります。機械では絶対に表現することが出来ない華麗さです。

ハローキティのUSBメモリは、九谷焼で作られたUSBメモリです。九谷焼とは石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器です。鮮やかな絵や色づかいが特徴でとても綺麗です。海外でもハローキティが人気なので、日本のお土産としておススメです。

現在、スマート家電やAIなどが有名ですが、九谷焼のUSBや蒔絵のiPhoneケースなど日本の伝統文化をITとコラボレーションすることにより、外国人の方から印象に残るとともに、伝統文化の継承にも繋がると考えられます。

COMPTEXにて、お客様にお渡したノベルティもハローキティのウェットティッシュでした。展示会終了前になくなってしまうくらいとても人気でした。

 

おまけ

写真は、猫空(マオコン)へ向かっている途中のロープウェイから見た景色です。

高い場所からみる台北の景色はとても綺麗でした。そして、ロープウェイの床はスケルトンになっているものもあり、足元から茶畑や、動物園、綺麗なお花をみることができました。足元が透明のロープウェイはなかなか体験できないことなので、とてもドキドキしました。日本では見ることが出来ない景色、また行きたいです。

 

あわせて読みたい

お見積・評価版






製品・コラム










フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ・TRUST DELETE prime
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.12.18
コロナ禍で注目されるDXによるD2C(Direct to Consumer)とは
みなさんは、D2C(Direct to Consumer)という言葉をご存じでしょうか。最近、D2Cというビジネスモデルがコロナ禍で注目を集めています。一体どんなビジネスモデルなのでしょうか。今回はD......
2020.12.05
パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~
エンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました 2020年も残すところあと少し。みなさまいかがお過ごしでしょうか? 今年は世の中にコロナウイルスが蔓延し、様々な人の活動やイベントが中......
2020.11.20
今、“オムニチャネル”が再び脚光を浴びている理由
コロナ禍により、ビジネスのあり方が大きく変化しました。DX(デジタルトランスフォーメーション)によるデジタルシフトへの重要性が認識される中、10数年前に登場したオムニチャネルも脚光を浴びています。 何......
2020.11.08
キャッシュレス化の現状とセキュリティの課題
2019年10月1日の増税に伴い推進された「キャッシュレス・消費者還元事業」により、日本国内ではキャッシュレス化が急速に浸透しています。キャッシュレス化により、ユーザーにとってポイント還元などのメリッ......
2020.10.31
DXが加速する理由~コロナ禍でのDX需要の変化~
2018年に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」を取りまとめ、日本でもDXの動きが見られました。DXとは一体何かについては、当コラムの『「デジタルトラン......