ITセキュリティ用語集~その3~

知っておくべきITセキュリティ用語

 

【多要素認証とは】

本人認証のときに複数の要素を用いて確認すること。基本はIDとパスワードで、もう1つワンタイムパスワードや生体認証など。

 

【ワンタイムパスワードとは】

認証を行うための一度しか使えないパスワード。一定の時間ごとに更新される。

ワンタイムパスワードは、画像の様なSMS、カードやトークンというキーホルダー型のハードウェアもあります。

 

【生体認証とは】

人によって異なる身体的な特徴を利用した認証。

指紋認証

特徴点が指紋の中心からどの位置にあるかをデータ化し画像として保存し認識。

虹彩認証

目の黒目の内側で瞳孔の開きを調節する筋肉を識別することで本人かどうか認識。

顔認証

顔の輪郭、形や目鼻などの配置を画像認識により抽出。その特徴により認識。最近ではiPhone Xに顔認証が追加されました。

静脈認証

指または手のひらの静脈を読み取り、静脈のパターンを使って認識。身体の表面ではなく内部を使用するため、偽造やなりすましが困難。

 

【フィッシング(Phishing)とは】

実在する会社のウェブサイトにそっくりな偽のページに誘導し、個人情報を入力させ窃取する。最近のフィッシングメールは見ただけじゃ偽物だと判別するのが難しくなっている。

 

【スミッシングとは】

携帯電話などのSMS(ショートメッセージサービス)を利用したフィッシング。SMSを使用するため、主にスマートフォンやタブレットがターゲットである。

 

【バックドア〖Backdoor〗とは】

通信の際に、正しい経路や手順を経ずに侵入するために設けられた接続経路のこと。攻撃者がPCに侵入した際に、次回から気づかれないように侵入するための裏口が設置される。バックドアが作られると、気づかないうちにゾンビマシン化やボットを仕込まれる可能性も。

 

【ゾンビマシン(ゾンビPC) とは】

トロイの木馬などのマルウェアの侵入により攻撃者に遠隔操作されてしまう状態のPCのこと。ゾンビマシンになれば、迷惑メールの発信源やサイバー攻撃の踏み台に…。

 

【キーロガー〖Keylogger〗とは】

マウスやキーボードなどから入力した文字情報を記録するソフトウェア・ハードウェア。キーロガー自体はマルウェアではないが、悪用して個人情報の窃取のために使われることもある。過去にネットカフェのPCにキーロガーを仕込み、利用者が入力した個人情報を不正入手した事件も。

 

【アドウェア〖Adware〗とは】

画面上に広告を表示するプログラム。無料アプリやフリーソフトをダウンロードした際に表示されることが多く、

閲覧中に突然表示されるため迷惑だと思う人も多い。広告目的なので悪さはしないが、悪質なアドウェアもあり、スパイウェアとして動作するものもあるため注意する。『お使いのパソコンは危険です』と警告メッセージが表示されてインストールしても偽ソフトの可能性が。

 

【ブラウザークラッシャーとは】

Webページを読み込んだ際に、ウィンドウが無限に開き続け閉じられなくなるなど異常動作を起こし、PCやスマートフォンに負荷をかける。いたずら目的。掲示板やSNSに書き込みがあるリンクをクリックすると被害にあう可能性も。

 

あわせて読みたい

お見積・評価版






製品・コラム










データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)
データ消去証明書に対応したエンドポイントセキュリティ​ TRUST DELETE prime+
フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE Biz+
24時間365日コールセンターからリモートワイプ TRUST DELETE Bizパナソニック版 Plus
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
利便性とセキュリティの両立
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
確実にストレージのデバイス消去を実行して安心を​ OneBe Storage LCM
PC廃棄・リユース時の情報漏えい対策に最適​ OneBe Wipe
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe UNO
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2021.03.13
AIの実用化、現在と未来
60年以上前から誕生していたAIですが、現在では第3次AIブームと呼ばれ、ここ最近ようやくAI技術の実用化が実現してきました。本記事では、様々なビジネスで活用されている「AI」の導入事例と、今後AIが......
2021.01.23
令和2年個人情報保護法改正の知っておくべきポイント~データの利用とペナルティ~
令和2年6月5日、第201回国会において「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、2022年までに施行される予定です。個人情報に対する意識の高まりと合わせて、デジタルデータの流通が......
2020.12.18
コロナ禍で注目されるDXによるD2C(Direct to Consumer)とは
みなさんは、D2C(Direct to Consumer)という言葉をご存じでしょうか。最近、D2Cというビジネスモデルがコロナ禍で注目を集めています。一体どんなビジネスモデルなのでしょうか。今回はD......
2020.12.05
パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~
エンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました 2020年も残すところあと少し。みなさまいかがお過ごしでしょうか? 今年は世の中にコロナウイルスが蔓延し、様々な人の活動やイベントが中......
2020.11.20
今、“オムニチャネル”が再び脚光を浴びている理由
コロナ禍により、ビジネスのあり方が大きく変化しました。DX(デジタルトランスフォーメーション)によるデジタルシフトへの重要性が認識される中、10数年前に登場したオムニチャネルも脚光を浴びています。 何......