パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

WordPress、WordPress 用の複数のプラグインにクロスサイトスクリプティングの脆弱性を確認

  • 元記事:Events Manager
  • 元記事:WP Google Map Plugin
  • 元記事:PixelYourSite ? Facebook Pixel (Events, WooCommerce & Easy Digital Downloads)
  • 元記事:Open Graph for Facebook, Google+ and Twitter Card Tags
  • HP:WordPress
  • 発表日時 2018/4/27

    WordPress 用の複数のプラグインにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。影響を受けるのはEvents Manager 5.9以前、WP Google Map Plugin 4.0.4以前、PixelYourSite 5.3.0以前、Open Graph for Facebook, Google+ and Twitter Card Tags 2.2.4.1以前のバージョンで、反射型のクロスサイトスクリプティング (CWE-79) の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、ログイン中のユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトが実行される恐れがある。解決策として、Events Manager 5.9、WP Google Map Plugin 4.0.4、PixelYourSite 5.3.0、Open Graph for Facebook, Google+ and Twitter Card Tags 2.2.4.1が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい