パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム





フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
遠隔データ消去ソフト TRUST DELETE Biz
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
FUJITSU 在宅勤務・テレワーク向け遠隔データ消去ソリューション
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
管理サーバーデバイス監視ソシューション TRUST DELETE OP
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
モバイルデバイス監視ソフト OneBe UNO
ホイールパッドユーティリティ WheelPad Touch
在宅勤務・テレワークのパソコン運用管理用文書テンプレート集 モバイルPC管理テンプレート

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.07.04
LCMサービス(IT運用管理)の導入~サービス概要から選び方までを解説~
LCMサービスと呼ばれるIT運用管理サービスをご存知ですか? もともとは大企業向けに提供されていたサ...
2020.06.21
GIGAスクール構想~コロナ禍でのその後~
以前、本コラムで「GIGAスクール構想で本当に目指すべきこと。問われる教育現場の意識改革!」を紹介し...
2020.06.13
ニューノーマル時代で変わる働き方とエンドポイント対策とは
ニューノーマル時代の幕開け 世界中で感染が広がった「新型コロナウィルス(COVID-19)」は、現在...
2020.05.31
データ消去証明書って何?~「データ適正消去実行証明書」ができた背景から仕組みを解説~
2019年に発生した神奈川県庁のHDD転売による情報漏えいのインシデント(本コラム「緊急 神奈川県庁...
2020.05.15
パソコンのデータ消去を行う業者の探し方・選び方
パソコンを廃棄する場合、「データを消去して廃棄する」と考えるのが一般的です。しかし、正しい手順で消去...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   「OneBe TID 開発キット」の発売開始

新製品リリース

2015/10/02
ワンビ株式会社

「OneBe TID 開発キット」の発売開始

~既存のスマートフォンを指紋認証デバイスにする~

ワンビ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長 加藤 貴、以下ワンビ)は、お客様が運用中の認証システムに対して、大きな追加投資を必要とせずに、多要素認証による強固な認証基盤を構築することが可能にする「OneBe TID開発キット」を10月2日(金)よし販売を開始することを発表いたします。本開発キットを利用することで、社内システムへのログイン認証やお客様向けのサイトのユーザ認証の際に、特別なハードウェアを導入する必要なく、すでにお持ちのスマートフォンを使って多要素認証を簡単に実現することができます。

OneBe TIDの概要

OneBe TIDは、多要素認証を実現するための外部モジュールです。
複雑なパスワードを設定し、一定期間ごとにパスワードを変更するようなポリシーを適用しても、ユーザにとっての負担が大きくなり、他のシステムで同じパスワードを流用したり、覚えることができずにメモを残したりすることで、逆にセキュリティリスクを高めてしまうといった事例が散見されます。特別なハードウェアを導入する必要なく、すでにお持ちのスマートフォンを使って多要素認証を簡単に実現することができます。

3要素認証:認証の3要素すべてを使用した強固な認証を実現します。

  • 知識情報(知っている事)……… パスワード
  • 所持情報(持っている物)……… スマートフォン(登録電話番号)
  • 生体情報(身体的な特徴)……… 指紋

OneBe TIDの構成

OneBe TIDは、ADFS、Azure AD、OpenAM等、現在ご利用中の認証システムと連携する外部モジュールです。お客様の認証システムと連携するAPI、スマートフォンにインストールする認証用アプリケーション、および弊社がクラウド上でご提供するSMSサーバーの3つで構成され、それらが連携することで、お客様環境に大きな変更を加えることなく、強固な認証基盤を構築することが可能です。

動作環境

[スマートフォン]
  • iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s
  • 指紋認証機能を搭載したAndroid M以降のモバイルデバイス
[認証システム]
  • ADFS、Azure AD、OpenAM
    ※詳細については個別にご相談させて頂きます。

OneBe TID 価格(税別)

エンドユーザ向け(社内ユーザ認証向け)

SDK初期費用 80万円 開発支援 20万円/月~ ※初月無料
SMS通信ライセンス費用
 月額 1ユーザ 500円~
 ※SMS通信費用込

サーバライセンス(サービスサイト向け)

SDK初期費用 120万円 開発支援 20万円/月~ ※初月無料
SMS通信ライセンス費用 別途ご相談

▲ PAGE TOP