パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム





フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
遠隔データ消去ソフト TRUST DELETE Biz
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
管理サーバーデバイス監視ソシューション TRUST DELETE OP
モバイルデバイス監視ソフト OneBe UNO
外部指紋認証モジュール OneBe TID
ホイールパッドユーティリティ WheelPad Touch
指紋認証連携 不正利用防止ソリューション UNO Touch

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2019.02.23
2020TDM推進プロジェクトとは~2020東京オリンピック・パラリンピックと情報セキュリティの関係~
2020TDM推進プロジェクトとは 2020 東京オリンピック・パラリンピック開催まで1年半を切りま...
2019.01.28
情報漏洩事件の罪と罰
情報漏洩に関する事件は後を絶ちません。 当コラムでも「情報漏えいの原因はヒューマンエラー⁉~その原因...
2019.01.13
情報漏えい対策~営業マンのパソコン紛失・盗難時に備えての情報漏えい対策とは~
今や営業マンにとって、ノートパソコンの持ち出しは当たり前になっています。また、「働き方改革」の推進に...
2018.12.20
自社の情報セキュリティに懸念を感じているマネージャーは50%以上!
エンドポイントの情報セキュリティ企業“ワンビ”が、中小企業のマネージャーに「働き方改革と情報セキュリ...
2018.11.24
不正アクセスがなくならない理由~原因と対策~
企業や官公庁への不正アクセスのニュースはたびたび耳にします。個人情報の漏えい、Webサイトの閉鎖、な...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   【特許取得のお知らせ】遠隔データ消去方法に関する特許を取得

ニュースリリース

2016/12/15
ワンビ株式会社

【特許取得のお知らせ】遠隔データ消去方法に関する特許を取得

ワンビ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長 加藤 貴 以下ワンビ)は、遠隔データ消去方法に関するコンピュータおよびデータ消去管理サーバに関する特許を2016年11月25日に取得したことをお知らせいたします。

■遠隔データ消去方法に関する特許の概要
特許番号 特許第6045104号
発明の名称 データ消去プログラム、データ消去方法、データ消去機能を備えたコンピュータおよびデータ消去管理サーバ
出願日 平成24年12月6日
登録日 平成28年11月25日

本特許は、ネットワーク経由で管理サーバから消去命令を発行し、命令を受信したコンピュータのOSを含む全データの消去に関わる技術です。従来の技術では消去プログラムはOS上で動作しているため、OSを消去することができませんでした。OSには、利用者固有のネットワーク情報や設定情報が保存されていることがあるため、それらの情報が流出することで、サイバー攻撃の一因となる可能性がありました。


■遠隔データ消去方法に関する特許の活用

本特許を活用することにより、コンピュータの紛失や盗難の際、企業や組織の重要データだけでなく、目に見えないディスク上のすべてのデータを安全に消去できるようになります。また、コンピュータを廃棄する際のデータ消去を遠隔から実行し、消去処理が完了した通知を受け取ることができるようになります。

▲ PAGE TOP