パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム





フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
遠隔データ消去ソフト TRUST DELETE Biz
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
FUJITSU 在宅勤務・テレワーク向け遠隔データ消去ソリューション
管理サーバーデバイス監視ソシューション TRUST DELETE OP
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
モバイルデバイス監視ソフト OneBe UNO
ホイールパッドユーティリティ WheelPad Touch
在宅勤務・テレワークのパソコン運用管理用文書テンプレート集 モバイルPC管理テンプレート

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.05.31
データ消去証明書って何?~「データ適正消去実行証明書」ができた背景から仕組みを解説~
2019年に発生した神奈川県庁のHDD転売による情報漏えいのインシデント(本コラム「緊急 神奈川県庁...
2020.05.15
パソコンのデータ消去を行う業者の探し方・選び方
パソコンを廃棄する場合、「データを消去して廃棄する」と考えるのが一般的です。しかし、正しい手順で消去...
2020.05.09
情報漏えいニュースの考察~内部犯罪・内部不正行為によるインシデント編~
デジタル化が進みさまざまな企業が膨大なデータを扱うようになりました。その一方で、情報漏えいに関するニ...
2020.05.02
【応募締切間近】今こそ助成金を活用してテレワークを導入しよう! 東京都が「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」を拡大~その申請方法や注意点を解説~
東京都は、以前より「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」により企業のテレワーク導入を支援していまし...
2020.04.25
情報漏えいニュースの考察~誤操作によるインシデント編~
企業は、顧客、クライアントからの大切な情報を管理する立場です。その企業が情報漏えいを防ぐためには、社...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

ニュースリリース

2018/05/31
ワンビ株式会社

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

~ 消去技術認証を受けた消去ソフトウェアを提供開始 ~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」)は2018 年5 月31 日より、データ適正消去実行証明書発行事業を開始します。この事業は消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集します。なお、本事業はデータ適正消去実行証明協議会(略称「ADEC:エーデック」)基準のもと実施しますので、募集の消去ソフトウェア及び消去サービス事業者はADEC の認証を受ける必要があります。
※ADECの詳細は以下をご参照ください。http://www.adec-cert.jp/

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会プレスリリース: http://www.csaj.jp/NEWS/pr/180531_de.html

▲ PAGE TOP