パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム










フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.07.31
情報漏えいニュースの考察~不正な情報持ち出しによるインシデント編~
NPO日本ネットワークセキュリティ協会が2019年に発表した「2018年 情報セキュリティインシデン...
2020.07.20
情報漏えいニュースの考察~不正アクセスによるインシデント編~
多くの企業がデジタルサービスを導入し、また、ユーザーが快適にサービスを利用できる一方で、顧客の機密情...
2020.07.04
LCMサービス(IT運用管理)の導入~サービス概要から選び方までを解説~
LCMサービスと呼ばれるIT運用管理サービスをご存知ですか? もともとは大企業向けに提供されていたサ...
2020.06.21
GIGAスクール構想~コロナ禍でのその後~
以前、本コラムで「GIGAスクール構想で本当に目指すべきこと。問われる教育現場の意識改革!」を紹介し...
2020.06.13
ニューノーマル時代で変わる働き方とエンドポイント対策とは
ニューノーマル時代の幕開け 世界中で感染が広がった「新型コロナウィルス(COVID-19)」は、現在...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

ニュースリリース

2018/05/31
ワンビ株式会社

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

~ 消去技術認証を受けた消去ソフトウェアを提供開始 ~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」)は2018 年5 月31 日より、データ適正消去実行証明書発行事業を開始します。この事業は消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集します。なお、本事業はデータ適正消去実行証明協議会(略称「ADEC:エーデック」)基準のもと実施しますので、募集の消去ソフトウェア及び消去サービス事業者はADEC の認証を受ける必要があります。
※ADECの詳細は以下をご参照ください。http://www.adec-cert.jp/

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会プレスリリース: http://www.csaj.jp/NEWS/pr/180531_de.html

▲ PAGE TOP