パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策







製品・コラム










データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)
データ消去証明書に対応したエンドポイントセキュリティ​ TRUST DELETE prime+
フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE Biz+
24時間365日コールセンターからリモートワイプ TRUST DELETE Bizパナソニック版 Plus
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
利便性とセキュリティの両立
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
確実にストレージのデバイス消去を実行して安心を​ OneBe Storage LCM
PC廃棄・リユース時の情報漏えい対策に最適​ OneBe Wipe
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe UNO
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2021.03.13
AIの実用化、現在と未来
60年以上前から誕生していたAIですが、現在では第3次AIブームと呼ばれ、ここ最近ようやくAI技術の...
2021.01.23
令和2年個人情報保護法改正の知っておくべきポイント~データの利用とペナルティ~
令和2年6月5日、第201回国会において「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し...
2020.12.18
コロナ禍で注目されるDXによるD2C(Direct to Consumer)とは
みなさんは、D2C(Direct to Consumer)という言葉をご存じでしょうか。最近、D2C...
2020.12.05
パソコン紛失/エンドポイントのセキュリティ対策~ワンビの総合カタログを作成しました~
エンドポイントのセキュリティ対策製品の総合カタログを作成しました 2020年も残すところあと少し。み...
2020.11.20
今、“オムニチャネル”が再び脚光を浴びている理由
コロナ禍により、ビジネスのあり方が大きく変化しました。DX(デジタルトランスフォーメーション)による...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

ニュースリリース

2018/05/31
ワンビ株式会社

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

~ 消去技術認証を受けた消去ソフトウェアを提供開始 ~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」)は2018 年5 月31 日より、データ適正消去実行証明書発行事業を開始します。この事業は消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集します。なお、本事業はデータ適正消去実行証明協議会(略称「ADEC:エーデック」)基準のもと実施しますので、募集の消去ソフトウェア及び消去サービス事業者はADEC の認証を受ける必要があります。
※ADECの詳細は以下をご参照ください。http://www.adec-cert.jp/

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会プレスリリース: http://www.csaj.jp/NEWS/pr/180531_de.html

▲ PAGE TOP