パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策
お見積・無料お試し








製品・コラム





フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE prime
遠隔データ消去ソフト TRUST DELETE Biz
SMS Push遠隔消去ソフト TRUST DELETE Bizパナソニック版
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
FUJITSU 在宅勤務・テレワーク向け遠隔データ消去ソリューション
管理サーバーデバイス監視ソシューション TRUST DELETE OP
モバイルデバイス監視ソフト OneBe UNO
ホイールパッドユーティリティ WheelPad Touch
在宅勤務・テレワークのパソコン運用管理用文書テンプレート集 モバイルPC管理テンプレート

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2020.02.21
新型コロナウイルス(COVID-19)の流行で見える日本企業の新しい働き方への取り組み
2020年2月下旬、新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威をふるっています。 日本では...
2020.02.16
Society5.0って何?~それを実現するために必要な“教育”とは
「Society 5.0(ソサエティ5.0)」とは内閣府が提唱するテクノロジーを活用した社会の仕組み...
2020.02.05
緊急 神奈川県庁データ漏えい事故についての見解
2019年12月6日、神奈川県庁において、個人情報や機密情報を含む行政文書が保存されていたHDD等の...
2020.01.31
DaaS(クラウド型仮想デスクトップ)を活用する前に基本的なことを知ろう!
セキュリティ面を向上させるために、デスクトップ仮想化サービスを導入することは当たり前の時代になりまし...
2020.01.27
AIを活用した情報セキュリティ対策とその課題
AI技術の発展に伴い、「AIとセキュリティ対策(情報流出事件)」がメディアで取り挙げられています。従...

ニュース

ホーム   >   ニュースリリース一覧   >   一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

ニュースリリース

2018/05/31
ワンビ株式会社

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 データ適正消去実行証明書発行事業を開始

~ 消去技術認証を受けた消去ソフトウェアを提供開始 ~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」)は2018 年5 月31 日より、データ適正消去実行証明書発行事業を開始します。この事業は消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集します。なお、本事業はデータ適正消去実行証明協議会(略称「ADEC:エーデック」)基準のもと実施しますので、募集の消去ソフトウェア及び消去サービス事業者はADEC の認証を受ける必要があります。
※ADECの詳細は以下をご参照ください。http://www.adec-cert.jp/

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会プレスリリース: http://www.csaj.jp/NEWS/pr/180531_de.html

▲ PAGE TOP